flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コメット・ルシファー #6「フラワボーイ」

脚本:大河内一楼 絵コンテ:山本裕介 演出:間島崇寛 作画監督江畑諒真

【概要】
力があふれ出したことによって急激な成長を見せたフェリア。彼女をもとに戻すには「深淵の祭壇」と呼ばれる場所に行かなければならないという。止めようとするロマンとオットを制したソウゴたちは、さっそく深淵の祭壇を目指す。途中にあるガーデン・モーブという村で昼食をとることになったソウゴたちだが、とある結婚式の一行を巻き込んでしまい……。
【感想】
痴話ゲンカじみたわき見でクルマを暴走させて他者に迷惑をかけるとは締まりのない。もっとも、今回はその起点となったカオンの憂いが見どころだった。友だちの誓いを交わすほどフェリアを認めているのにもかかわらず、彼女とソウゴの絆に引いてしまうその胸中たるや。カオンがフェリアに対して含むところがないからこそ、彼女の出口なしの苦しさが切なく。
ヴィンセント・ダドレー部隊の急襲に毅然とした対応でフェリアを守ろうとしたカオンの姿が、前述の表情もあいまって美しかった。ガーディアンという超常の力であっさりと形勢逆転してしまうソウゴとのギャップが辛い。ソウゴはソウゴでフェリアのために必死だからこそ。
★★★