flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

対魔導学園35試験小隊 第7話「裏切者」

脚本:横手美智子 絵コンテ:二瓶勇一 演出:小柴純弥 作画監督:山吉一幸、本田創一、澤入祐樹、木下ゆうき、粟井重紀、服部憲二、冨田佳亨

【概要】
颯月に呼び出された斑鳩アルケミスト社で撮影されたロストマトリクスの写真についての情報を問いただされる。アルケミスト社時代のことはすべて話したという斑鳩は「バイバイ」というセリフを残して35小隊を去る。いつもとは様子が違う斑鳩に後をつけたタケル以下小隊メンバーだったが、彼女の姿を見失うとともに散り散りになってしまう。
【感想】
小隊内で奔放な言動が印象的だった斑鳩の意外な正体に最後は納得させられてしまった。科学者としての好奇心のみで動く「杉波」の本能が、外界へと向かうことで人のぬくもりを求めるようになったのだろうか。似て異なる斑鳩と伊砂という二人の杉波の分水嶺に妄想がふくらむ。そこにダークエルフがどう関わってくるかというところ。
設定やキャラクターに可能性は感じるのだけど、相変わらず話運びに起伏が乏しいことに加え、人物作画が不安定なせいで、平板な印象に終始するのが惜しい。
★★