flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コメット・ルシファー #8「道」

脚本:野村祐一 絵コンテ:寺東克己 演出:水本葉月、玉田博 作画監督:小倉典子、平馬浩司、北村友幸、櫻井拓郎、竹田欣弘、加藤愛仁、関口雅浩、日高真由美、竹本未希

【概要】
フェリアのために「深淵の祭壇」を示すらしい円環を目指すことにしたソウゴたち。何とそこにド・モンがカレーの入った寸胴を担いでやってきた。喜ぶ一同だったが、ド・モンはソウゴにこれ以上は進むなと警告してくる。皆を巻き込んでいるとのド・モンの言葉に、ソウゴはモウラと2人だけでフェリアを深淵の祭壇に連れて行くことを決心する。
【感想】
回想によるド・モンのドラマによってかろうじて全体が締まっている印象。赤い石に魅入るあまり悲劇に見舞われたエナのデジャビュを息子のソウゴに感じているからこそ、ド・モンは鉄拳を振るってしまったのだろう。母親の遺志をトレースするようなソウゴに魅力を感じられればいいのだが、現状はド・モンに感情移入せざるを得ず。
エナが示唆したとおり赤い石が惑星ギフトに革命的な恩恵(あるいは災い)をもたらすのであれば、クライマックスできっちりとソウゴとフェリアに整合をつけてほしいところ。
★★