flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コメット・ルシファー #9「伝えたい心」

脚本:大河内一楼 絵コンテ:名村英敏 演出:重原克也、喜多幡徹 作画監督:依田正彦、柳瀬譲二、門智昭、鳥山冬美、ぐんそう

【概要】
カオンたちを巻き込むまいとモウラとフェリアを「深淵の祭壇」に連れて行くことにしたソウゴ。しかし、祭壇付近で待ち伏せしていたヴィンセント部隊の攻撃を受ける。立ち向かうガーディアンだったが、ガス部隊も乱入し撃墜されフェリアも捕まってしまう。そのころ、ド・モンはソウゴたちへの攻撃をやめさせるためゾーンボイルに会うべく行政府に潜入していた。
【感想】
フェリアからガーディアンそしてソウゴ(ド・モン)と興味の対象が移ろっていくガスのありようが、シリーズの散漫さを象徴している気がした。以前はあれほどガーディアンとの一騎打ちにこだわっていたのに、集団戦による卑怯な手段を厭わなくなったところも。ここらがガス部隊に魅力を感じられない理由になってしまっている。育ての親への愛情をガスにぶつけるソウゴも、フェリアに話した「冷たい」というド・モン評が足を引っ張っている気が。もっとも、ここはソウゴの子供っぽさと受け止めるべきなのかもしれないが。
★★