flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

牙狼〈GARO〉-紅蓮ノ月- 第八話「兄弟」

脚本:會川昇猪爪慎一 絵コンテ:下田正美 演出:波多正美 作画監督:Yang Jeong Hui、Um Ik Hyeon、Kim Seong Beom ゲストキャラクターデザイン:大津直、楠本祐子 ホラーアニメーションデザイン:山下香織

【概要】
多田新発意の郎党である渡辺綱は、夜の橋上で襲ってきた火羅を退治して腕を持ち帰る。屋敷に戻ってきた頼信にその戦利品を見せようとする綱だったが、腕は見当たらず、代わりに無数の火羅の腕が出現して床にふせていた新発意を襲い始める。事態を重くみた頼信は星明に助力を求めるが、彼女の代わりに源家に同行したのは雷吼だった。
【感想】
おおよその予想はついていたが、雷吼のモデルは源頼光だったとの種明かし。雷吼に壮絶な過去があったことは、普段のひょうひょうとした姿から想像しにくいが、すでに委細承知で魔戒騎士として腹を括っていたと。これまでは頼りなくも感じられた雷吼が大きく見えてきた。むしろ清和源氏を託された弟の頼信のほうがプレッシャーではないのか。だからこそ、源氏に伝わる黄金の鎧を雷吼が背負うことにしたのかも。
★★★