flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

終わりのセラフ 名古屋決戦編 第21話「裏切りのミカタ」

脚本:瀬古浩司 コンテ・演出:京極義昭 作画監督:胡拓磨、富田恵美、大杉尚広、山本祐子、管振宇 アクション作画監督:胡拓磨、片山貴仁

【概要】
グレンを助けたい一心で鬼呪装備の力を引き出す薬を過剰に摂取した優一郎は、精神世界における阿朱羅丸との対峙をへてグレンのもとに戻ってきた。クローリーを相手に果敢に立ち向かう優一郎だったが、それでもかなわず、士方の鬼箱王によって連れ出される。気を失った優一郎とともに逃走を図る深夜以下の月鬼ノ組だったが、そこに一体の吸血鬼が立ちはだかる。
【感想】
クローリーが襲い掛かってくる人間を殺さないのは、彼らを「家畜」扱いしているから、あるいは圧倒的な戦力差によって殺す必要がないと考えているからか。奇襲とはいえ序列が近いルカル・ウェスカーが滅ぼされたわけだから、クローリー主従の劣勢も見てみたかった。
優一郎をミカエラに託したシノアの行動について。家族にこだわるこれまでの優一郎を見てきたこと、グレンたち帝鬼軍の上層部が進める実験に不審を抱いていたこと、そして名古屋市庁舎において上官命令とはいえグレンを見捨ててしまったことなど、然るべき理由はいくつか想像できる。しかしながら、例えばシノアが戦場でミカエラの内面に触れるなどの伏線があれば、なおのこと没入できたように思われた。
吸血鬼から逃げて人間の世界に戻ろうと誓ったかつてから、優一郎を奪った人間どもを憎むようになったミカエラ。家族を至上にするがゆえに鬼に変化しつつある優一郎。吸血鬼の世界にも人間の世界にも居場所のない2人だからこそ、吸血鬼に軸足を置くきっかけとなるシノア隊のドラマが欲しかった気も。
ノアたちの裏切りによる月鬼ノ組の動揺を塗りつぶすようなクルルたち貴族の襲来は上手い引き。
★★★