flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

学戦都市アスタリスク #11「力と代償」

脚本:菅原雪絵(ライトワークス) 絵コンテ:大嶋博之 演出:浅見松雄 作画監督:南伸一郎、木下由美子、福島豊

【概要】
紗夜が街中で迷子になったとの知らせを綺凛から受けた綾斗は、レヴォルフの男子学生に追われていたプリシラと出会う。プリシラを連れてビルの屋上まで逃げてきた綾斗だったが、そこにイレーネが襲い掛かってくる。イレーネは綾斗がプリシラに害をなしたと思い込んだのだった。プリシラに誤解を解かれたイレーネは、綾斗に借りを返すと言い出し……。
【感想】
自らの純星煌式武装「グラヴィシーズ」に飲まれつつあるイレーネの救済が本筋に浮上。妹を守るために泥をかぶる姉というモチーフは、綾斗のみならず感情移入してしまうには十分すぎるほど。ディルクへの借金返済は星武祭の成績とは別というが、だからこそイレーネが抱える見えざる苦悩が引っ掛かる。
クローディアの純星煌式武装を起点にグラヴィシーズの怖さを印象づけるなどキャラクターをまんべんなく使った話運びにはそつがないが、それゆえの淡白さも感じてしまう。幕間エピソードだからこそ、もうひと押し強力なパンチが欲しくなった。
★★☆