flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

K RETURN OF KINGS #11「Kali-yuga」

脚本:鈴木鈴 絵コンテ:鈴木信吾、金澤洪充 演出:横峯克昌 作画監督鈴木信吾古田誠岡田直樹、武本大樹

【概要】
jungleによって解放されたドレスデン石盤の影響によって、一般市民たちに異能力が芽生え始めて大混乱に。セプター4から罷免された宗像は善条を従えjungleの野望を止めるべく秘密基地に向かう。そこに比水が送り込んだ磐舟が立ちはだかる。
【感想】
宗像のために秘密基地へのゲートを開こうとした伏見といい、上官のあとを追うように辞職を決意した淡島といい、セプター4まわりは予想どおりの展開。もっとも、シリーズの持ち味からして様式美的なパターンは似合っているので問題なし。すべての市民を王にしようとする比水の野望に対して、自らも「ただの王」にしか過ぎないと静かに返した宗像が格好良い。宗像に対しては磐舟が、伏見に対してはスクナが当たる構図も明快。次回予告における八田との共闘に早くも盛り上がる。
★★★