flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #11「ヒューマン・デブリ」

脚本:鴨志田一 絵コンテ・演出:綿田慎也 キャラクター作画監督:しんぼたくろう(中村プロダクション) メカニック作画監督:阿部慎吾

【概要】
哨戒任務中に謎のモビルスーツ隊の襲撃を受け絶体絶命の昭弘とタカキ。そにバルバトスが救援に現れる。敵の隊長機がバルバトスの相手をしている間に、タカキが人質にされそうになる。タカキの機体を拘束したモビルスーツに猛然と襲い掛かる昭弘。その敵機から自身の名を呼ぶ声が聞こえてきた。ラフタたちの増援を得た昭弘は辛くもタカキを奪還するが……。
【感想】
昭弘の弟がさっそく敵として登場とは出し惜しみしない展開。ヒューマン・デブリのように取引される子供たちがいるならば、CGSような阿頼耶識システムを利用する組織があちこちにいても不思議はない。大人からの独立を勝ち取った子供たちが、かつての自分たちのように大人に搾取される子供たちと戦わなければならぬ宿命は、宇宙に上がってからの鉄華団が順風満帆だったからこそ重くのしかかる。仮にオルガが誓ったように昌弘を助け出したとしても、昌弘の仲間たちそして居場所はすでにブルワーズの中にある。敵対する限り悲劇は避けられそうにない。すでに昌弘たちはペドロを失っているのだから。
実の弟と戦場であいまみえたことによる昭弘の苦しみを、昌弘から助け出した新たな弟分であるタカキの覚醒ですくい上げるラストに泣けた。そのきっかけが、昌弘も俺たちの兄弟だとのオルガによる精いっぱいの言葉だったことも。そして、ギャラルホルンのエリートでありながら義理の父に含むところがあるマクギリスのたたずまいが対照的。果たして、彼の理想と子供たちの夢が交わる瞬間は来るのか。
★★★