flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

牙狼〈GARO〉-紅蓮ノ月- 第十一話「斬牙」

脚本:和智正喜 絵コンテ:林明偉 演出:伴保典、板井寛樹 作画監督:日向正樹、高乗陽子、桑原剛、外山陽介 サブキャラクターデザイン:大津直、楠本祐子 ホラーアニメーションデザイン:山下香織

【概要】
義賊として京で暗躍する袴垂の手下たちが蹴鞠を操る何者かに殺される。犯人は袴垂のかつての貴族仲間である藤原成通だった。袴垂は火羅化した成通に襲われるが、駆けつけた雷吼たちに火羅は逃走する。人間には火羅は倒せないと忠告を受けた袴垂はとりあえずその場を去る。袴垂は盗賊の大頭目、天戒丸から白銀の鎧を託されていた。
【感想】
黄金騎士の対となる白銀騎士がついに登場。それが頼信になるか袴垂になるか注目していた。貴族をやめた雷吼と貴族として残った頼信のほうがふさわしいと思えたが、予想に反して同じように貴族を捨てた袴垂が白銀騎士に。道長と対立して京から去った天戒丸の経緯からしても、権力の座にある者は魔戒騎士にふさわしくないのか、あるいは鎧を我が物にしようとする道長へのカウンターのいずれかだろう。
『-炎の刻印-』におけるアルフォンソとは違って、天戒丸が託したゴルバによる袴垂の修業描写は省略。ここら辺のあっさり加減は新シリーズのテイストに合っている。義賊をモットーとする袴垂に手下たちが異議を唱えていたくだりが気になるが、とりあえずは雷吼とのライバル関係の行方を楽しみにしたい。
★★★