flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コメット・ルシファー #12「星と少年」(終)

脚本:野村祐一 絵コンテ:菊地康仁 演出:鈴木孝聡 作画監督高橋裕一桂憲一郎、入江篤、酒井秀基

【概要】
黒いガーディアンに変身したアナトリア。ソウゴに擬態した黒いガーディアンはフェリアから「鍵」を取り出そうと誘惑する。そのたくらみを看破したフェリアに対して、黒いガーディアンはソウゴを取り込んでしまう。ソウゴを助けるためフェリアはモウラとともに黒いガーディアンを追って宇宙に飛び出す。
【感想】
これまでソウゴとモウラに助けられてきたフェリアが、今度はモウラとともにソウゴを助けに行く。ソウゴの手の甲に移ったものがフェリアの「鍵」だとすれば、モウラは天使(フェリア)と生命(ソウゴ)をつなぐブリッジのようなものか。惑星に生命をもたらす天使と惑星に破滅をもたらす文明というスケールの大きい背景が語られたものの、小ぢんまりとしたこれまでのドラマとのチグハグさばかりが目立った。
★★