flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

終わりのセラフ 名古屋決戦編 第24話「終わりのセラフ」(終)

脚本:瀬古浩司 コンテ:徳土大介 演出:河井ゆう美、京極義昭、若野哲也、徳土大介 作画監督:井川麗奈、杉崎由佳、千葉崇明、手塚響平 モンスター作画監督:胡拓磨、エフェクト作画監督:柳隆太

【概要】
暴走したグレンの攻撃を受ける優一郎。同時に、暮人が起動させた「終わりのセラフ」が人間と吸血鬼の区別なく襲い始める。何とその本体は、士方の妹である未来だった。対して、新たに得た「家族」を守るため、優一郎もその身に宿る禁断の力を解放する。
【感想】
巨大な異形である「終わりのセラフ」を駆け上がる優一郎はもちろんのこと、彼に吹っ飛ばされ転がっていく暮人のアングルや、クローリーの急襲を察知するクルルの顔面に反射光を走らせての攻防など、ダイナミックでシャープなアクション作画の数々は見ごたえがあった。
第1クールのラストではフェリドが人間側とつながってそうな伏線が引かれたが、前回では柊真昼との「取引」がクルルに示唆され、今回はそのクルルが吸血鬼の裏切り者として糾弾される。帝鬼軍が進める「終わりのセラフ」の研究に吸血鬼が関わっていることは間違いなさそうだが、それも優一郎と未来の2人がいることで一層ややこしくなった。また、フェリドに「ナマナリ」と称されたグレンも実験体である可能性が。
離れ離れだった優一郎とミカエラが手を携える展開で一定の区切りはついたものの、風呂敷はさらに大きくなった感じ。
★★★