flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)ディバインゲート 第1話「止まらない雨」

原作ゲーム未プレイ。

スタッフ

原作:ガンホー・オンライン・エンターテインメント 監督:阿部記之 キャラクターデザイン:夘野一郎、Cindy H. Yamauchi 音楽:尾澤拓実 アニメーション制作:studioぴえろ

キャスト

アカネ:柿原徹也 アオト:斉藤壮馬 ミドリ:伊藤かな恵 ヒカリ:竹達彩奈 ユカリ:雨宮天 ギンジ:吉野裕行 アーサー:中村悠一 イフリート:小清水亜美 ウンディーネ渕上舞 シルフ:阿澄佳奈 めたぼん:吉田有里 ランスロット鳥海浩輔 オズ:石田彰 ロキ:遊佐浩二 ユーウェイン:KENN ベディヴィア:田所あずさ ブルーノ:村瀬歩 トリスタン:笹本奈津枝 ガレス:高岡瓶々 ケイ:清都ありさ ラモラック:一木千洋 パーシヴァル:白井悠介 モルドレッド:末柄里恵 パロミデス:乃村健次 がウェイン:桑原由気 パブロフ:志村知幸 アリトン:花江夏樹 ドロシー:悠木碧 サンタクローズ:櫻井孝宏 少年K:釘宮理恵

脚本:高橋ナツコ 絵コンテ・演出:阿部記之 作画監督:鈴木陽子

【概要】
人間たちの「常界」、妖精たちの「天界」、悪魔たちの「魔界」が存在する世界。ある雨の日に、電車内の通り魔を一人の少年が斬り捨てる事件が起きた。デバイスを使うことなく水の能力を振るうその少年、アオトを、能力者たちを束ねる世界評議会がスカウトしようとする。しかし、能力行使に意味がないとアオトは拒み続ける。
【感想】
冒頭から雨のなかを歩くアオトそのままにダウナーな雰囲気に包まれた初回だったが、ゲーム原作ものとして端正なラインを崩すわけには行かないだろうから、これくらい陰影のある立ち上がりのほうが興味を引く。黒ベタで影をつけたキャラクターデザインも魅力的で、マルチキャラものに特有な散漫さを抑えてくれている。
アカネたちには「その力、何に使うの? 意味ないよ」とうそぶきつつ、通り魔には能力を行使した矛盾に、アオトが抱える闇の深さがにじむ。アオトを中心として多数のキャラクターをいかに絡めていくかがポイントになりそう。アカネたちとは別行動でスカウトしようとするウンディーネなど、アオトとのコントラストで初見のキャラクターがつかみやすかったので。
★★★