flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #16「フミタン・アドモス」

脚本:大西信介 絵コンテ:寺岡巌 演出:池野昭二 キャラクター作画監督:野崎真一、山本美佳、河合桃子、宇田早輝子 メカニック作画監督:宇田早輝子

【概要】
正体を知られたフミタンは、クーデリアに別れを告げて街に出ていった。フミタンのあとを追うクーデリア。行方不明になった二人を探すため、三日月たちも街を駆け回る。クーデリアはドルト組合のデモ活動の旗印として巻き込まれ、その現場にフミタンも居合わせていた。
【組合】
過去エピソードで積み重ねられてきたフミタンの表情から想像できた展開ではあった。印象的だったのは、クーデリアに抱かれながら息を引き取った組合員の女性とフミタンを対にしたところで、「革命の乙女」なるアイコンの影をフミタンが全うした格好。多くの人々の犠牲の上に自身の使命が成り立つことを悟るには、クーデリアにとって避けられぬステップだったのだと受け入れる。そもそものきっかけが、必要なこととはいえドルト3への買い物行脚だったわけだから、要人としての危機管理能力をただされるという意味でも。むろん、オルガたち鉄華団の未熟さもクーデリアのそれと一蓮托生。
★★☆