flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ディバインゲート 第4話「蒼い記憶」

脚本:渡邊大輔 絵コンテ・演出:城所聖明 作画監督:高柳久美子、遠藤裕一、夘野一郎、たかぎじゅん、岸義之

【概要】
アオトのことを心配するアカネとミドリは、ウンディーネのパスワードを拝借してアカデミーのサーバーを検索する。その結果たどり着いたのは「蒼のクリスマス」という過去の事件だった。ショッピングモールの火災事故とされていた「蒼のクリスマス」だったが、二人の人物による虐殺事件がその真相だったのだ。
【感想】
ブルーノからアオトを守ろうとするアカネとミドリの温度差が興味深い。清濁を承知でアオトをかばおうとするアカネと、虐殺なんてするはずがないとアオトを信じるミドリ。それは、大切な人をゲートの向こうに奪われたそれぞれの体験が作用しているようにも思えた。いずれにせよ、二人ともアオトのことを気にかけていることは疑いなく、互いの視座の相違が頼もしく感じられる。
シュレディンガーはアオトのなかに2つの人格を見ているようだ。虐殺を犯したアオトではなく「澄んだ瞳」の現在のアオトにサミダレを「プレゼント」したくだりからうかがえた。そうなると、アオトとたもとを分かった弟アリトンとの関係が気になってくる。
★★★