flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ブブキ・ブランキ 第四話「右手と拳銃 The Right Hand Bites The Bullet」

脚本:北島行徳イシイジロウ 絵コンテ・演出:平井義通 作画監督:茶之原拓也

【概要】
憤怒の形相で的場井に挑みかかる黄金だったが、逆にあしらわれてしまう。黄金をかばおうとした東に対して、的場井は礼央子から拝借したという炎帝の心臓を示す。それは伝説の「ブブキ戦」の始まりだった。堀野の指示のもと的場井の相手は黄金に任せブランキの巣に向かう東たちだったが。
【感想】
一騎打ちであるブブキ戦に東が干渉したくだりについては正直テンションダウンしてしまったが、非道な大人に対して勇気と知恵を振り絞って立ち向かう子供たちとの構図でとらえれば、あながち的外れではないか。ただ、的場井を始末しきれなかったことも含め、抜けの良くない視聴後感は否めず。東たちの目的はあくまでも親たちの志を継いで礼央子の恐怖政治をくじくことだろうから、敵を葬る必要がないことは理解しているつもりだけど。ここは礼央子サイドの正義にも関わってきそうではある。
★★☆