flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ブブキ・ブランキ 第五話「剣と指輪 2 Swords and 8 Rings」

脚本:北島行徳イシイジロウ 絵コンテ:増井壮一 演出:林直孝 作画監督:武藤信宏

【概要】
王舞をのせて宝島に向かう貨物列車の上に舞台を移したブブキ戦。ブブキの左手を受け継ぐ木乃亜は、同じく炎帝の左手をつかさどる新走と対決する。その間に東たちは海中に落下したブランキに対処するため、ブランキの巣を後回しにして鎌倉に向かうことに。
【感想】
王舞と炎帝のそれぞれのパーツ同士には因縁があるようす。ただ、その因縁の深さとは裏腹にバトル描写の熱量が不足気味。ブブキの設定にふさわしいギミックが感じられず単調に見えてしまうことに加え、右手ちゃんを知りながらブブキに意思はないと言い放つ柊など、不可解なキャラクター描写がチグハグ感を増幅している。他者のブブキ戦に介入したと思いきや一転して木乃亜に任せた東の変化についても然り。心臓と手足がバラバラな現状を脚本でも演出しているのならば納得もできようが……。
★★