flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

牙狼〈GARO〉-紅蓮ノ月- 第十九話「繚乱」

脚本:村越繁 絵コンテ:永居慎平、林明偉 演出:小野田雄亮 作画監督:大津直、桑原剛、Lee Min bae、本間充

【概要】
倒された火羅を吸収する紅い月、それは強大な火羅であるルドラを封印する場所だった。雷吼は番犬所からルドラ復活阻止と命を受け動き出す。そのころ、京の都に紅い雷とともに現れた謎の人影を追った頼信は、返り討ちにあってしまう。それは道魔法師を手にかけた蘆屋道満の陰謀だった。
【感想】
クライマックスに入ったからか、段取り感が強まったせいで陰影に欠ける。赫夜の再登場は予想していたが、紅い月の封印役である安武家とのつながりが気になる程度。雷吼に袴垂に頼信そして星明と、ポジションを異にする人材はそろっているので、これまでのドラマを踏まえての盛り上がりを期待。
★★