flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- File 9「ロゴスの名のもとに」

脚本:荒川稔久 絵コンテ・演出:大石康之 作画監督垣野内成美、滝川和男

【概要】
フィッシング用のウィルウェアによる強盗事件が連続する。「フィッシャーマン」なるコードネームが与えられた犯人は、独断専行が過ぎたためロゴスから見限られたドックだった。
【感想】
過去エピソードでも断片的に描写されてきたロゴスの内部分裂が本格化。もっとも、今のところロゴスなる敵にほとんど魅力を感じられないので、正直どうでもいい。しかしながら、満を持しての室長、山吹凛の出動には大いに盛り上がった。しかも、見限られたとはいえロゴスの一角だったドックを手玉に取ってみせたのだから。理想のために都知事を目指す稲城光太郎を現場からサポートするポジションも素敵。いかにも怪しそうだった八条司稀とロゴスとのつながりが明かされたことで、山吹姉妹のドラマが楽しみになる。
★★★