flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

GOD EATER EPISODE 11「メテオライト」

脚本:ufotable平尾隆之恒松圭 絵コンテ:平尾隆之 演出:野中卓也、竹内將 作画監督:内村瞳子、辻雅俊、小磯由佳、石塚みゆき、加藤やすひさ、高橋聰、緒方美枝子

【概要】
エイジス計画完遂のためにアラガミを誘導、せん滅してそれらのコアを一網打尽にする「メテオライト作戦」が始まる。改良神機の調整が間に合わなかったレンカだったが、リンドウの推挙で指揮官としての参加が認められた。一方で、回復したアリサが復帰したものの、一同は変わった彼女のようすに違和感を覚える。リンドウが提案した作戦によって順調に進んだかに見えたメテオライト作戦だったが……。
【感想】
すばらしかった前回エピソードのおかげで、指揮官の重責をこなすレンカそして彼に新たな指針(コンパス)を託したリンドウと、期するものがあるメインキャラクターたちの表情がいっそう頼もしく見える。食事に呼ばれたコウタの家族にはレンカの家族が重なり、そして数奇な運命を背負って生まれてきたソーマにはレンカその人が重なる。出自がどうであろうとも、大切な人たちを守りたいその思いに偽りはなし。
そんな壮絶なメインキャラクターたちの表情にあって、私怨含みで動くアリサそして支部長のゆがみがとげのように刺さったまま。家族への思いと人類の平和への願いの両立、それはまさにレンカが家族から託されたもの。あとはクライマックスを見届けるのみ。
★★★