flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

灰と幻想のグリムガル épisode.10「リーダーの器じゃないけれど」

脚本:中村亮介 絵コンテ:ヤマトナオミチ、工藤進、仁賀緑朗 演出:岩月甚、三上喜子 作画監督近藤圭一、清水勝祐、松原栄介、杉薗朗子、長谷川亨雄、蘇武裕子、清水博幸、竹本未希  アクション作画監督:浅賀和行

【概要】
新たな狩場であるサイリン鉱山に入ったハルヒロたち。鉱山を巣とするコボルドたちは下層に行くほど強くなるという。第一層と第二層のコボルドたちを難なく倒したハルヒロたち。ランタの度重なる独断専行を問題視したハルヒロは、義勇兵宿舎に戻ってから腹を割って話そうとするが……。
【感想】
スキルアップとともに成長著しいパーティにあって、いまだ見えないマナトのリーダーシップを目指してストラグルするハルヒロの内面が主題。メリイとぎくしゃくしていたころ、ランタのことを知ろうとしないハルヒロの自省が描写されたけど、今回はそれが逆の方向に振れ過ぎて地雷を踏んでしまうという面倒くささ。ついつい相手を責めてしまうハルヒロの余裕のなさを見ていると身につまされる。
ランタも一度は痛い目にあったほうが変わるのではと思いつつ、単独で敵を引きつける彼の屁理屈が見直されればいいのにとも。メリイの仲間たちの敵であり彼女のトラウマの原因であるデッドスポットとのバトルで、そこらもひっくるめた真価が試されそう。
★★★