flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

GOD EATER EPISODE 12「第一部隊」

脚本:ufotable平尾隆之恒松圭  絵コンテ:平尾隆之 演出:高橋タクロヲ 作画監督:緒方美枝子、辻雅俊、茂木貴之、小磯由佳、青木拓也、高橋聰、柴田由香、塩島由佳、菊池隼也、小笠原篤、清水慶太

【概要】
機能不全におちいったアラガミ誘導装置は何者かにハッキングされてしまったらしい。調査を急ぐフェンリル極東支部。さらには隠された誘導装置の存在まで判明し、ゴッドイーターアラガミを退治しつつその場所を探さなければならなくなった。アラガミの群れの前に絶体絶命なリンドウは改良神機を装備したレンカに救われる。リンドウのもとに集結した第一部隊の面々だったが、そこにアリサの両親のかたきピターが現れる。
【感想】
かつて自身を導いてくれたリンドウを助け、自身と同じように家族をアラガミに殺されたアリサに喝を入れる。第10話が下敷きになってのレンカの強さに揺さぶられる。レンカにコンパスを託したのみならず「新入り」をやめ名前で呼ぶなど死亡フラグの連発に、さすがにしぶとかったリンドウの最期を覚悟してしまう。
ポイントが高かったのは、極東支部に向かう輸送機のクルーを大切にしていたアリサをレンカが覚えていたくだり。ピターをリンドウに任せて住民の救助に向かったアリサに変化がうかがえたが、両親のみならず第一部隊に共通するリーダーのかたきにもなったピターはクライマックスにふさわしい敵になった。
★★★☆