flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

うたわれるもの 偽りの仮面 第二十四話「覇者たるもの」

脚本:中村浩二郎 絵コンテ・演出:碇谷敦 作画監督:竹田直樹、浅利歩惟

【概要】
オシュトルを連れて脱出しようとしたハクたちの前に立ちはだかったのは八柱将のヴライだった。ミカドの後継者としてはあまりにもか弱いアンジュに代わってヤマトを支配するというヴライ。新たなミカドとなるべきアンジュを支えようとするオシュトルはヴライと止めようと立ち向かう。
【感想】
八柱将の直接対決にふさわしいオシュトルとヴライのぶつかり合い、仮面の封印に動くウルゥルとサラァナの劇伴もあいまった幻想的な演出、どれも力のみなぎった仕上がり。だからこそ、ミカドの意思を継がんとするヴライに魅力が感じられなかったのがもどかしい。ミカドが重んじた理想がヴライの志向する圧倒的な力だけではないことは、ヤマト建国に至る回想を思い起こせば分かる気がするので。
★★☆