flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2016春調査(2016/1-3月期、終了アニメ、69+1作品) 第40回

アニメ調査室(仮)さまで開催中の標記調査に参加。
評価条件 だいたい80%以上視聴した作品について(80%の目安 : 1ヶ月に、1回程度の見逃しなら評価可能)、S : とても良い、A : 良い、B : まあ良い、C : 普通、D : やや悪い、E : 悪い、F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)、x : 視聴なし(または視聴中のため評価保留)、z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

01,亜人,B
02,銀魂゚,x
03,JKめし!,x
04,アイカツ!,x
05,スシポリス,x

06,だがしかし,F
07,おそ松さん,C
08,血液型くん4,x
09,新あたしンち,x
10,石膏ボーイズ,x

11,鉄人28号ガオ!,x
12,牙狼 紅蓮ノ月,B
13,ノルン+ノネット,B
14,ディメンションW,C
15,ブブキ・ブランキ,F

16,ラクエンロジック,F
17,ディバインゲート,F
18,僕だけがいない街,z
19,昭和元禄落語心中,A
20,大家さんは思春期!,x

21,秘密結社 鷹の爪DO,x
22,最弱無敗の神装機竜,F
23,霊剣山 星屑たちの宴,C
24,ANISAVA日本語吹替版,x
25,少女たちは荒野を目指す,F

26,赤髪の白雪姫 第2クール,B
27,探偵チームKZ 事件ノート,x
28,おしえて! ギャル子ちゃん,F
29,シュヴァルツェスマーケン,B
30,デュエル・マスターズ VSR,x

31,うたわれるもの偽りの仮面,C
32,ナースウィッチ小麦ちゃんR,x
33,スター・ウォーズ 反乱者たち,x
34,おまかせ! みらくるキャット団,x
35,無彩限のファントム・ワールド,C

36,カンフー・パンダ ザ・シリーズ,x
37,ハイキュー!! セカンドシーズン,x
38,金田一少年の事件簿R 新シリーズ,x
39,アクティヴレイド 機動強襲室第八係,C
40,機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ,C

41,GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 炎龍編,x
42,ファンタシースター オンライン2 ジ アニメーション,x
43,カードファイト!! ヴァンガードG ギアースクライシス編,x
44,ザ・ペンギンズ from マダガスカル シーズン3,x
45,バトルスピリッツ 烈火魂 バーニングソウル,x

46,プリンス・オブ・ストライドオルタナティブ,B
47,フューチャーカード バディファイト100,x
48,魔法少女なんてもういいですから。,x
49,ふうせんいぬティニー 第2シリーズ,x
50,ハルチカ ハルタとチカは青春する,F

51,がんばれ! ルルロロ 第3シリーズ,x
52,この素晴らしい世界に祝福を!,A
53,Go! プリンセスプリキュア,x
54,蒼の彼方のフォーリズム,B
55,FAIRY TAIL 新シリーズ,x

56,ルパン三世 新シリーズ,x
57,灰と幻想のグリムガル,B
58,おじさんとマシュマロ,x
59,ヘヴィーオブジェクト,F
60,どちゃもん じゅにあ,x

61,デュラララ!!×2 結,x
62,みにヴぁん 2期,x
63,てーきゅう 7期,x
64,紅殻のパンドラ,F
65,いとしのムーコ,x

66,ブレイブビーツ,x
67,闇芝居 3期,x
68,ダイヤのA,F
69,ワールドトリガー,x
70,ゴッドイーター (全13話),B

【総評】
個人的事情によりアニメ視聴に割ける時間や余裕がなかったこともあって、視聴見送りや途中脱落が多いシーズンになった。スタジオディーンによる『昭和元禄落語心中』と『この素晴らしい世界に祝福を!』が対照的な作風ながら突出していたほか、架空スポーツならではの楽しさが粗削りながらも表現されていた『プリンス・オブ・ストライドオルタナティブ』と『蒼の彼方のフォーリズム』のシンクロも印象に残った。全体的に個性的な作風が目立ったシーズンだったように思う。寸評はB評価以上のみ。
【寸評】
01,亜人,B: 自身のためだけに合理的に動く主人公、永井圭と大胆不敵なテロリスト、佐藤という二人の亜人がけん引するドラマがスリリングだった。光と影のコントラストがくっきりした作画まわりも人間と亜人の内面を映すかのようで印象的。
12,牙狼 紅蓮ノ月,B: 桂正和原案の魅力を十全に発揮できなかった人物作画には不満が残るが、序盤から中盤にかけての単発エピソードにはスパイスの効いたものが多かった。人を食ったようにひょうひょうとしたヒロイン、星明の存在も主人公の守護者というポジションがあいまった新鮮さ。
13,ノルン+ノネット,B: トリプルヒロイン体制を活かしたドラマ運び、特に夢世界を舞台とした第5話「微睡む森」は白眉だった。男性キャラクターの見せ場も濃淡こそあれど過不足なく。クライマックスこそダイジェスト感が強かったものの、美しい背景美術もあいまった素敵なシリーズだった。不知火七海と宿吏暁人のカップルが大好き。
19,昭和元禄落語心中,A: 実力派キャスト陣による好演の数々が、長尺の落語シークエンスをドライブさせ、人間ドラマと溶け合っていく景色の数々を堪能した。第一話の1時間スペシャルでじっくりと八雲、与太郎、小夏の関係性を印象づけておいて、第二話から回想編に専念する構成もおみごと。芸人という職業や時代背景に由来する文化や風俗に距離を感じる瞬間が多かったものの、完成度の高さに異論なし。
26,赤髪の白雪姫 第2クール,B: ラジとオビに尽きる2クール目だった。ラジについては、悪役然として登場した第1クール序盤の汚名返上が丁寧に描かれていて、祖国を飛び出して居場所をみつけた白雪への肯定にもなっていた構成に打たれた。
29,シュヴァルツェスマーケン,B: 東西ドイツの融和を旗印として人間同士の争いにフォーカスした作劇がブレなかったのがよかった。『トータル・イクリプス』に感じた不満がほぼ帳消しになったほど。
46,プリンス・オブ・ストライドオルタナティブ,B: 汗臭さを感じさせないポップな背景の色づかいに架空スポーツの人工的な手触りがマッチして、独特のムードを作り出していた。単調になりがちなタイムトライアルに臨場感を付すダイナミックなアクション作画や効果音が見どころ。そんな中でも、久我恭介の復帰に尽力した門脇歩の献身が渋く光る。
52,この素晴らしい世界に祝福を!,A: タイプの異なるポンコツヒロイン三人に突っ込み役の主人公という構成の安定感。ワンパターンになりそうなところ、巧みに角度を変えながらのエピソード展開で飽きさせなかった。それぞれの持ち役にぴったりなキャスト陣の健闘も見逃せない。
54,蒼の彼方のフォーリズム,B: とにかく中盤における鳶沢みさきのドラマがよかった。さばさばとした性格の彼女が見せる陰影が誠実なもので、クライマックスの乾沙希との勝負が大いに盛り上がった。フライングサーカスはストライド以上に現実離れした競技ながら、みさきが標榜するドッグファイトを明日香が沙希に伝える展開など熱かった。
57,灰と幻想のグリムガル,B: キャラクターのモノローグや感情表現に過剰さを感じることが多かったものの、メリイが少しずつ打ち解けていく流れにおける慈しむようにセンシティブな感触など、他作品では味わえないテイストが補って余りある。
70,ゴッドイーター (全13話),B: 再開となるメテオライト編の口火を切った第10話「散華」が主人公、空木レンカの原点としてすばらしく、以降の風景が見違えるほどになった。アリサ・イリーニチナ・アミエーラに象徴される、コミカルな演出を良しとしない誠実なキャラクター表現もポイント高い。