flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)ジョーカー・ゲーム 第1話「ジョーカー・ゲーム(前編)」

原作小説未読。

スタッフ

原作:柳広司 「ジョーカー・ゲーム」シリーズ(角川文庫刊) 監督:野村和也 シリーズ構成:岸本卓 キャラクター原案:三輪士郎 キャラクターデザイン・総作画監督矢萩利幸 チーフリサーチャー:白土晴一 メカニックデザイン・メカニック作画監督常木志伸 プロップデザイン:村山章子 美術監督:谷岡善王 美術設定:成田偉保 色彩設計:野田採芳子 撮影監督:田中宏待 3DCG監督:塚本倫基 特殊効果:村上正博 編集;植松淳一 音響監督:岩浪美和 音響制作:グロービジョン 音楽:川井憲次 音楽制作:KADOKAWA 音楽プロデューサー:山森篤 オープニングディレクター:伊東正志 アニメーションプロデューサー:番匠公一 アニメーション制作:Production I.G

キャスト

結城中佐:堀内賢雄 佐久間中尉:関智一 三好:下野紘 神永:木村良平 小田切細谷佳正 甘利:森川智之 波多野:梶裕貴 実井:福山潤 福本:中井和哉 田崎:櫻井孝宏 蒲生次郎:津田健次郎 武藤大佐:玄田哲章

脚本:岸本卓 絵コンテ・演出:野村和也 作画監督矢萩利幸

【概要】
昭和12年、スパイ養成を目的とするD機関が設立された。そこに派遣されてきた佐久間中尉は、軍人とはあまりにもかけ離れたスパイ予備軍たちに強い違和感を覚える。そんな中、佐久間はD機関の面々とともに、スパイ疑惑がかけられた在日アメリカ人であるジョン・ゴードンの捜査を仰せつかるが……。
【感想】
実直な軍人である佐久間がイレギュラーな存在であるスパイたちに抱く拒絶感。「卑怯」なD機関のスパイたちを象徴する「ジョーカー・ゲーム」の駆け引き。ベタながらキャッチーな出だしでつかみは十分。ゴードン邸におけるジョーカー・ゲームの再現もさることながら、道具としての孤独が強調されたスパイたちと彼らの対照となる佐久間のドラマにも期待が高まる。
★★★