flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)SUPER LOVERS #1「forest green」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:あべ美幸株式会社KADOKAWA / 「エメラルド」連載) 監督:石平信司 シリーズ構成:中村能子 キャラクターデザイン:瀧原美樹 助監督:渡部穏寛 美術監督:三宅昌和 色彩設計;桂木今里 撮影監督:越山麻彦 編集:松村正宏 音響監督:はたしょう二 音響効果:出雲範子 録音:八巻大樹 音響制作:ダックスプロダクション 音楽:高梨康治&片山修志&加藤賢二(Team-MAX) 音楽プロデューサー:植村俊一 音楽制作:日本コロムビア デコアートプレゼンター:山本蒼美 アニメーションプロデューサー:浦崎宣光、中田善文 アニメーション制作:スタジオディーン

キャスト

海棠零:皆川純子 海堂晴:前野智昭 海堂亜樹:松岡禎丞 海堂蒔麻:寺島拓篤 佐々木郁芳:村瀬歩 黒崎十全:福嶋潤 春子・D・ディークマン:田中敦子 近藤紀里:白石涼子 清華:斎賀みつき 篁志朗:置鮎龍太郎 海棠崇:千葉一伸 海棠留理:桑島法子

脚本:中村能子 絵コンテ:石平信司 演出:ボブ白旗 作画監督:佐藤智子、さとうりか

【概要】
実母の春子が危篤との知らせを受け、日本からカナダのアルバータ州にかけつけた海棠晴。ところが、春子は健在だった上、「新しい弟」として零という少年の面倒を押しつけられてしまう。晴をカナダに呼びつける春子の策略だったのだ。それでも、人に懐かない野生児である零の世話を懸命にする晴であった。
【感想】
零が晴に心を開いていくストーリーラインは伝わってくるのだけど、この初回を見るかぎりはあまりにもニュアンス不足。大型犬を二人のブリッジにするなど共通項は描かれていたものの、晴にも零にも感情移入できずじまいだった。しかしながら、悲劇の予感がするラストの描写に後ろ髪をひかれたので、次回も見てみることにする。今期のラインナップでは貴重な作風であるし、判断はレギュラー陣がそろってからでも遅くはないだろうと。
★☆