flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? LV.05「転生すればワンチャンあると思った?」

シナリオ:雑破業 絵コンテ:永居慎平 演出:日下直義 作画監督:野本正幸

【概要】
ルシアンを師匠としたセッテはすっかり彼にべったりに。アコはそれがおもしろくない。ネトゲ部はセッテのじゃまが入らないよう別のゲームに興じたりする。ほどなくセッテの正体が判明したものの、アコは「転生する」と言い始める。彼女を手助けする英騎だったが、嫉妬心が募った亜子は自宅に引きこもってしまう。
【感想】
亜子のパートナーとして誠実にふるまう英騎がさわやかな印象を残したエピソード。メインヒロインがピンチになるこういう展開だと、何をしていいか分からずふさぎ込む主人公にサブヒロインたちが喝を入れるパターンが常套だが、あくまでも英騎の自立性を大切にした筆致がよかった。困ったちゃんの亜子を放っておけない英騎はこれまでも描写されてきたので、二人を応援する瀬川たちの距離感を湿っぽいものにしなかったのはありがたい。セッテの本性がつまびらかにされたからなおのこと。
★★★