flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン Episode 02「不本意なる褒賞」

脚本:ヤスカワショウゴ コンテ:浅香守生 演出:若林邦甫 作画監督:桜井このみ、飯飼一幸、佐藤このみ、LEE JOOHYYUN、ZANG YOU SHICK

【概要】
キオカ共和国の軍人たちからシャミーユをかばったイクタは、相手を油断させヤトリらと協力して返り討ちに。軍人の1人から聞き出した情報を利用して、何とかカトヴァーナ帝国に帰還したイクタたちは、皇女を救出した英雄として叙勲を受ける。しかし、イクタはあからさまに不服そうで……。
【感想】
冷静沈着なはねっ返りのイクタを見ていると心穏やかではいられないが、次第にその心の傷がつまびらかにされていったことで落ち着きを取り戻した。自身が命をかけて助けた皇女にすら刃向うイクタに、その悲しみの大きさがうかがえるというもの。能力があるくせに厭世的な主人公には食傷気味だが、皇族であろうと容赦しない秘められた情熱に認識を改めた。ありのままのイクタをリスペクトしつつも遠慮しないヤトリ、聖人君子然とはかけ離れた皇女シャミーユの造形が、これからのドラマを期待させる。
★★★