flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

チア男子!! EPISODE 03「七人目のリスジロー」

脚本:吉田玲子 絵コンテ:相澤伽月 演出:高橋謙仁 作画監督:服部一郎、大森英敏、小笠原優、松下純子

【概要】
7人目を探す男子チア部は、身体能力に秀でた徳川翔に目をつけた。しかし、男子チア部のデモンストレーションを見ていた翔は、技術的に未熟で必ずケガをすると忠告して入部を拒否する。一馬は一週間後の体育の時間にバック転とロンダートを身に着けてみせると翔に宣言するのだった。
【感想】
メンバーが増えるたびに所在なげな晴希の表情が気になってしまう。人見知りを新参の総一郎に指摘され黙り込んでしまう晴希が、渉と浩司との3人の練習のときは明るい表情を取り戻す。何でもできる総一郎が遠慮なく切れ込んでくることは、姉への尊敬とコンプレックスがない交ぜになった晴希にとってプレッシャーなのではと想像してしまう。いつもマイペースな渉に大らかな浩司の存在が、晴希がもたらす機微を和らげてくれる、そんな優しさが素敵だ。
物語とは裏腹にいよいよ作画の省力化が気になってきたが、来るべきクライマックスに向けてリソースを温存してくれていると信じたい。
★★★