flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

orange LETTER04

脚本:久尾歩 絵コンテ:佐野隆史 演出:矢野孝典 作画監督藤田まり子

【概要】
上田と交際を始めた翔に心穏やかではいられない菜穂。そして、次第に翔を避けるようになってしまう。そんな菜穂への10年後の自分からのメッセージは、「どうか翔が呼んだら、応えてあげてほしい」というものだった。
【感想】
10年後の自身に想像を巡らせながらも、目の前にいる翔の幸せを願ってしまう菜穂の優しさが愛おしくてたまらない。分かっていてもままららぬのが人の感情だと思うので、菜穂にいらついたりすることはない。須和が叱咤したように、茅野たちがその隠し事に気づいたように、菜穂をとりまく優しさもたくさんある。当然のごとく翔もそうであることを願いたい。
第1話からそうだったが、ドラマの各所でトリッキーな作画演出が入るところが面白い。今回はCGを駆使して描かれた動作するソフトクリーム機のメカニカルなアップや、戯画的に表現されたたい焼きとカエルなど。実写向けとは言わせないとのスタッフの心意気が伝わってくるようだ。
★★★