flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

レガリア The Three Sacred Stars #3「真心 HEART」

脚本:小柳啓伍 絵コンテ:川口敬一郎 演出:相浦和也 作画監督:永田正美

【概要】
敵のレガリア・ギアを退けたかに見えたアレクトだったが、レナに原因不明の異変が起こってしまう。そこに現れたアレクト似のレガリア・ギアが攻撃を加えてきたが、レナが意識を取り戻したことで去って行った。再び眠りについたレナが目覚めると、そこはベッドの上だった。女皇として頑張るユイのために、レナは久々に料理作りをすることに。
【感想】
戦闘シーンは何が起こっているのか判じ難かったが、サラとティアとの交流にによってやっと事態が飲み込めた。レガリアとしての自身に負い目を感じるレナに、女皇としての責務がのしかかるユイが重なり、2人のパートナーシップに危うさが漂う。それを和らげてくれるのが同じ属性をもったサラとティアなのだけど、似た者同士で肩を寄せ合っているだけではすまされぬ宿命がちらつく。平和を謳歌してきたかに見えるエナストリアの全体像が見えてこないのは不満だが、とりあえずキャラクター同士の交流を眺めているだけで癒やされるのは確か。
★★★