flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第19話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その2」

脚本:ふでやすかずゆき 絵コンテ:永居慎平 演出:KIM MIN SUN、波多正美 作画監督:Klm Bo Kyong、Ryu Sung Chol、Lee Bang Won、Yang Jeong Hee

【概要】
500万円の当選宝くじの換金に銀行へやってきた仗助たち。ベテラン行員に疑われたものの、クレイジー・ダイヤモンドの能力でその場をしのぎ切る。しかし、あまりの大金に目がくらんだ重清が変節、ハーヴェストを駆使しての暴挙に出る。
【感想】
重清も重清ならば仗助たちも仗助たち。苦笑いしながらの視聴とあいなった。宝くじ裏の署名を書き換えるなど、仗助にもグレーゾーンはあったにせよ(元の所有者である森下は「捨てた」と言っている)、約束をほごにした上に酒屋の商品を“盗んだ”段階で重清の敗北は決まっていたのかもしれない。法に触れないギリギリで小銭をコツコツと集める地道さが重清の美点(?)だったのだから。また、相手の目潰しを狙うハーヴェストの攻撃は重清の野性的なセンスも含めて危険性十分であり、仗助たちは意識しなかったろうが将来的な杜王町の脅威の芽を摘む効果があったのかも。
★★★