flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜 第7 話「胸のBULLET」

脚本:香村純子 絵コンテ:高橋英俊 演出:畠山茂樹 作画監督:宇都木勇、飯飼一幸、池原百合子、飯塚葉子、奥野倫史、武本大介、森悦史

【概要】
海と山に恵まれた「箱崎」で情報バラエティ番組のロケをすることになったB-PROJECTの5人。北門、増長、愛染は海チームに、王茶利と野目(とつばさ)は山チームに分かれてレポートを行う。小さなトラブルを抱えつつも順調に仕事をこなす両チームだったが、王茶利が隠していた秘密からロケそのものがピンチにおちいる。
【感想】
妖刀をモチーフにした前回に続いて、今回は「醐醍草」なる万能薬の伝承を持ち出してきた。沖田総司を連想する王茶利の吐血で両エピソードをブリッジさせているようにも。いかに浮世離れした芸能界が舞台とはいえ、ファンタジックにすぎる設定は歓迎しないが、今回は醐醍草伝説を野目そしてメンバーたちの思いやりに重ねる筆致がとてもよかった。2種類の「薬」を飲み合わせることで感謝を示した王茶利に、天真らんまんで前向きな人柄が出ていたところも。付き合いが長いからこその北門と増長の関係性を王茶利と野目の前段にしていた構成が効果的。
★★★