flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ラブライブ!サンシャイン!! #12「はばたきのとき」

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:遠藤広隆 作画監督:市原圭子、神谷美也子、酒井香澄、塩川貴史、西澤千恵、水野辰哉

【概要】
ラブライブ!予選を通過したAqoursは、PV再生回数も伸びてファンに出会うなど順調にみえた。しかし、募集していた浦の星女学院の学校説明会への応募人数は「0」のまま。そこで千歌はμ’sの足跡をたどるためもう一度メンバー全員で東京を訪れることを決心するのだった。
【感想】
廃校話に喜ぶなどあれほどμ’sを追いかけることに執心していた千歌の、自身のメンバーたちとの経験の積み重ねで変化する内面がシリーズの集大成的であった。同じようにμ’sを追いかけての挫折からスクールアイドルに懐疑的だった3年生メンバーを加え、幼なじみである曜そして音楽面での支柱である梨子のわだかまりを乗り越えた、現在のAqoursだからこそ至った境地。ついに足を踏み入れた音ノ木坂学院における幻想的な演出が切なくて、ありのままの自分たちに進むべき道を見い出した千歌の決意に熱くなれた。第10話で曜に送ったメッセージがよみがえる。
★★★☆