flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

不機嫌なモノノケ庵 十三ノ怪「團圓(ダンエン)」(終)

脚本:吉岡たかを 絵コンテ・演出:岩永彰 作画監督:Hue Hey Jung

【概要】
妖怪が見えなくなった芦屋は、いつもどおりの日常に戻ろうと努めるが、どうしても吹っ切れないでいた。そのころ、安倍は芦屋の視力回復のために各所を回っていたのだった。
【感想】
芦屋の深すぎる妖怪たちへの思いを彼に助けられた妖怪たちが返していく流れが、しみじみと温かい。芦屋が安倍を見捨てられなかったからこそ安倍は芦屋を見捨てられなかったわけで、その間に妖怪たちの願いが介在している景色がよいのだ。それらの集大成となるのが、妖怪たちを代弁するような物怪庵の言葉であり、原点となるのがモジャモジャとの交流だった。エピローグに禅子と芦屋の母を関わらせてほしかったが、あくまでも芦屋と安部の物語ということだろう。
★★★