flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

サーヴァンプ 第11話「許さないでくれて」

脚本:古怒田健志 絵コンテ・演出:高橋謙仁 作画監督:伊藤美奈、小川浩司

【概要】
東京ワールドツリーホテルの最上階。リヒトからの叱咤によって悲しい過去を断ち切ったロウレス。2人は改めてヒガンに立ち向かうのだった。そのころ、地下では御園とスノウリリイが桜哉によって足止めされていた。下位吸血鬼にすぎない桜哉だったが、サーヴァンプを倒す秘策があるという。
【感想】
自己実現にまい進するリヒトの輝きにすべてのキャラクターがけん引されているような景色。シンプルな思考でもって突き進む点においてリヒトと共通しながら、他者のためを第一に行動してきた真昼の成長に納得させられてしまう。オフィーリアとリヒトを重ねることで主人のために戦うことを決意したロウレスの変化が、はせ参じた真昼にピタリと符合する。クライマックスが大団円になるかどうかは残されたピース、すなわち向き合うことを受け入れ始めたクロ次第といったところ。
★★★☆