flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜 第12話「BOYS BE AMBITIOUS!」(終)

脚本:赤尾でこ 絵コンテ:福田道生石井久志 演出:浅見松雄、高藤聡、さとう陽、菅沼栄治 作画監督:北條直明、荒川絵里花、仁井学、梅津茜、杉本幸子、岡崎洋美、平野絵美、川村敏江

【概要】
夜叉丸からの電話でテレビの画面を見たつばさとBプロのメンバーたちに驚きの事実が知らされる。Bプロのガンダーラミュージックからハイエッジレコードへの移籍が電撃発表されたのだ。つばさは事情を聞き出すため夜叉丸を探す。ようやく見つけた夜叉丸から発せられたのは信じられない言葉だった。
【感想】
移籍を水面下で進め勝ち誇ったような夜叉丸。精神的にも身体的にも疲れ果てたつばさの対照。両者の間で揺れ動くBプロメンバーという構図。養成所のころから世話になってきた夜叉丸への感謝を忘れないメンバーたちに、新参であるつばさの分の悪さが際立ち見ていて辛かった。それでも、復讐のためA&Rにスカウトしたつばさが、Bプロをコントロール不能な領域まで成長させたことは、夜叉丸にとっての誤算であることはもちろん、本望でもあったのかも。つばさとの因縁を含めた夜叉丸へのフォローがされなかったことから、そのように想像して視聴を終えることにしたい。
つばさのためだけに演じられるBプロメンバーによるステージは感動的だった。念願だったJAPANドーム公演への障壁の数々に憔悴しきった彼女が強調されていたこともあって。まがまがしい夜叉丸の演出も、過去エピソードで描かれてきたファンタジックなそれが生きていたように思う。
★★★☆