flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)Lostorage incited WIXOSS 01「記憶/裏と表」

『selector〜』のテレビシリーズは第1期、第2期ともに視聴済。

キャスト

原作:LRIG 監督:桜美かつし シリーズ構成:土屋理敬 キャラクター原案:さらちよみ ルリグキャラクター原案:Hitoto* キャラクターデザイン:佐藤嵩光 ルリグデザイン:萩原弘光 プロップデザイン:山口杏奈 美術監督:柳原拓巳 色彩設計:日野亜朱佳 撮影監督:福世晋吾 編集:後藤正浩(Real-T) 音響監督:岩浪美和 音響効果:小山恭正 録音調整:山口貴之 音楽:井内舞子 音楽プロデューサー:土肥範子 WIXOSS監修:山口朋 アニメーション制作プロデューサー:鈴木薫 アニメーション制作:J.C.STAFF

スタッフ

穂村すず子:橋本ちなみ 森川千夏:井口裕香 リル:伊藤静 メル:金元寿子 ナナシ:井澤詩織 御影はんな:久保ユリカ 鳴海勝:興津和幸 白井翔平:菅原慎介 あーや:山岡ゆり ドーナ:洲崎綾 グズ子:後藤沙緒里 墨田壮:間島淳司 小柴莉緒:日岡なつみ 雪野かがり:西明日香 ゆきめ:生天目仁美 里見紅:中村悠一

脚本:土屋理敬 コンテ・演出:桜美かつし 作画監督:佐藤嵩光、安野将人、中西愛、山口杏奈

【概要】
北海道から小学2年生まで住んでいた東京の街に戻ってきた穂村すず子は、転校先のクラスになじめないでいた。WIXOSSというカードゲームに興じていたクラスメイトたちを見たすず子は、ゲームを覚えれば打ち解けられるかもしれないと、ガードデッキを購入する。ところが、自室で手にしたカードの一枚を手にした瞬間、カードの中のキャラクターが声を発するのだった。
【感想】
どうしても『selector〜』シリーズと比べざるを得ないのでご容赦を。
主人公の造形が大人っぽいだけで、ここまで印象が変わるのかと。カードゲームの申し子のようだった小湊るう子と違って、すず子の場合はカードゲームそのものが初体験だったわけだから、記憶のはく奪というペナルティも含め、理不尽さがいっそう強まる。すず子の分身とのセリフが示唆するとおり大人びた造形のリルも、無邪気なタマとはまったく異なる印象。るう子とタマのコンビは底知れぬ独特の存在感があったけど、本シリーズはすず子と森川千夏の分かたれた運命、そのねじれのようなリルとメルの対照性というドラマチックな縦軸で補強されている。
立体的なバトルアクションはより見ごたえがあるものになっていた。素人だったはずのすず子がリルの叱咤をきっかけにスムーズに指示を出し始めたくだりなど、精神力がものをいう大味な展開には戦術的な面白味が感じられないので、視覚的な魅力があるに越したことはない。新機軸である男性セレクターたちの(かませ犬にとどまらぬ)活躍にも期待。
★★★