flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)私がモテてどうすんだ 第1話「できるかな?リアル乙女ゲー」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:ぢゅん子(講談社別冊フレンド」連載) 監督:石踊宏 シリーズ構成:横手美智子 キャラクターデザイン:たむらかずひこ 総作画監督・サブキャラクターデザイン:大沢美奈 美術監督:諸熊倫子 色彩設計:福田由布子 特殊効果:徳丸仁志 撮影監督・3DCG:織田頼信 編集:池田康隆 音響監督:高寺たかし 音楽:川田瑠夏 音楽制作:日本コロムビア 音楽プロデューサー:澁谷知子 アニメーションプロデューサー:島田純一 アニメーション瀬作:ブレインズ・ベース

キャスト

芹沼花依:小林ゆう 五十嵐祐輔:小野友樹 七島希:河本啓佑 四ノ宮隼人:松岡禎丞 六見遊馬:島崎信長 二科志麻:沢城みゆき 中野あまね:下田麻美 芹沼みつこ:杉本ゆう 芹沼拓郎:水島大宙 シオン:浪川大輔 テラ:津田健次郎 六見一馬:中村悠一

脚本:横手美智子 絵コンテ・演出:石踊宏 作画監督:加藤壮

【概要】
学園の男の子同士を見守って妄想することが生きがいな高校生、芹沼花依。ある日、そんな花依の容姿に異変が起こり……。
【感想】
腐女子がいきなり乙女ゲームのヒロインに祭り上げられるテンポのよい初回。容姿端麗になったことで男子たちの気をひいた、という単純なものではなく、変化する前の花依をみんなが気にかけていたことが下地になっているように感じられた。部活動の先輩としていちばん花依に近かった六見雄馬のセリフが代表する。オタクであることを早々にバラしたことで、乙女ゲームシチュエーションを逆手にとった花依の腐女子リアクションが基本線となりそうだけど、そこからのバリエーションにこそ注目したい。
★★★