flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

刀剣乱舞-花丸- 第二話「如月 言いたいことなんて…、何もない」

脚本:ピエール杉浦 絵コンテ・演出:高村雄太 作画監督:曾我篤史、岡崎洋美

【概要】
「とある本丸」に打刀「同田貫正国」と太刀「鶴丸国永」が顕現、仲間に加わる。内番として家事をこなす刀剣男士たち。大和守安定と加州清光は同田貫正国と鶴丸国永を連れて本丸内を案内することに。そして、織田信長の最期を目前にした本能寺への出陣命令が下された。
【感想】
刀剣男士たちの何でもない日常を眺めているだけで楽しい、とまではいかず。マルチキャラクターをまんべんなく描写していく作りは承知しつつも、コメディにメリハリがほしいと思ってしまう。シリアス面では、主命に反するような大和守安定の言動に違和感。元の主を思う気持ちが淡白なリアクションに終始する他の刀剣男士たちの中でうやむやになっているよう。信長にゆかりのある刀剣男士たちの複雑な感情を大和守安定の前向きな想像が和らげるラストなど、響いてきても良いはずなのだけど……。締まりがなくぼんやりした全体像。
★★