flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ViVid Strike! #03「挑戦」

脚本:都築真紀 絵コンテ:西森章 演出:秋山宏 作画監督:川本美代子、服部憲知

【概要】
リンネの試合に招かれたナカジマジム一同。対戦相手のキャリー・ターセルを圧倒したリンネは、観客の前でアインハルト、ミウラ、ヴィヴィオに年末のウィンターカップでの挑戦を宣言する。受けて立つと返答したナカジマジムの面々に、新人のフーカも名乗り出るのだが……。
【感想】
コーチのジル・ストーラが絶対視する先天的な「才能」を秘めたリンネ。自身の弱さに思い悩むからこそ強さを追い求めるリンネ。フィジカル面での才能とメンタル面での向上心を持ち合わせたリンネは、一見して隙がないように見える。しかしながら、フーカやヴィヴィオが読み取ったとおり、コンプレックスからの解放によりどころを求めるリンネのストイシズムには、堅牢な表層に隠されたもろさがちらつく。キャリーを思いやって手加減した優しさこそが、押し殺したリンネの本質ではなかろうかと。リンネの回想をメインとした止め絵の多用も実に効果的だった。
★★★