flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

マジきゅんっ!ルネッサンス #3「憧れはアルバムの中に」

脚本:金春智子 絵コンテ:京極尚彦 演出:野木森達哉 作画監督:今岡大、小林理

【概要】
校内で魔法芸術を発表する「デモンストレーション」に指名された小花。愛ヶ咲さくらの娘によるパフォーマンスを期待する生徒たち。しかし、思いどおりにアルテの光を出すことができない小花は、さくらによるいけばなを忠実に再現することで本番に臨むのだが……。
【感想】
サラブレッドとしての評価が独り歩きする小花の焦りと迷い。彼女が心から求めるアルテの光は、そのままさくらが私立星ノ森魔法芸術高校に残していった足跡に重なる。さくらが使っていた和室に陣中見舞いに訪れたのが、前回の書道と華道のコラボで細やかな交流を見せた葵だった節度がすばらしい。帝歌を待つまでもなくその真意をくみ取れる小花の気づき、さらには自然発生的に集まってきた庵條瑠衣と響奏音への広がり。美しく情熱的に演出されたアルテの光が、セリフなどいらないことを教えてくれる。
★★★☆