flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

マジきゅんっ!ルネッサンス #4「月の光で踊らせて」

脚本:中村能子 絵コンテ:山崎みつえ、湯川敦之 演出:鳥羽聡 作画監督山内則康、鈴木ひろみ

【概要】
星フェスのフィナーレにダンスパーティが行われるという。ダンスの素養がないことから教本片手にひそかに練習に励む小花。それを見かねたダンス専攻の庵條瑠衣は、小花にダンスの基本を教える。しかし、学園の女子たちにチヤホヤされる瑠衣には、隠された心の傷があって……。
【感想】
ひょうひょうと振る舞う学園の人気者に隠された悲しい過去という、定番的なキャラクター造形。その割に陰影を欠いていたように感じられたのは、小花にとっての上級生である瑠衣のキャラクターを尊重した結果なのかも。教本をひも解こうとする小花の生真面目さは好感が持てたし、そんな彼女を放っておけなかった瑠衣はあのアルテの光に感銘を受けての行動だろうから、感情の流れは理解できるのだが。悩める男の子たちを花開かせていく主人公という、シリーズのバリエーションの一つとして受け入れておこうか。
★★☆