flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Lostorage incited WIXOSS 08「闇/渇望と喪失」

脚本:和場明子 コンテ:佐山聖子 演出:カサヰケンイチ 作画監督:柴田千紗、坂本哲也、金澤龍、小渕陽介、前田義宏、上田みねこ、佐藤嵩光、藤部生馬

【概要】
里見からセレクターを契約させる仕事を請け負った千夏は、翔平までもターゲットにしていた。そのころ、千夏を止めることを決意したすず子は、はんなの指導のもとカードゲームのスキルを高める。そして、すず子の所要によって手すきになったはんなは、水嶋清衣というセレクターにバトルを挑むが……。
【感想】
あまりにも超然としているすず子よりも、恋心の介在によって心乱れる翔平のほうにずっと親近感がわく。苦しんでいる千夏を気づかっての態度からも翔平のほうに肩入れしたくなった。
里見の正体に、敗北によってセレクターからパージされる記憶の行き先が気になってくる。ルリグからセレクターへの記憶転写が一方通行であれば、男性の人格ばかりが削られていくのではと思うが、ルリグがセレクターの記憶から生成されるのであれば、整合がとれているような気も。すでに前シリーズの記憶があやふやになっているので断言はできないけど、清衣とピルルクの関係からするとセレクターにも救済のチャンスがありそうな。ナナシの原型である「始まりのルリグ」あたりがヒントか。
★★★