flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第33話「7月15日(木) その3」

脚本:小林靖子 絵コンテ:ソエジマヤスフミ、吉田泰三 演出:ソエジマヤスフミ、藤本ジ朗、江副仁美 作画監督西位輝実、馬場充子、石本峻一、芦谷耕平、木下由衣、千葉山夏恵、仲敷沙織、SHIN HYUNG WOO、CHA MYOUNG JUN、横山謙次、飯飼一幸

【概要】
乙雅三の背中が気になって仕方がない露伴は、好奇心を抑えきれず奇策に出る。噴上の協力を得て康一を探していた仗助は、スタンド「エニグマ」の能力をもつ宮本輝之輔と戦うことに。ターゲットを紙にする宮本は、紙にした康一を人質に仗助を追い詰めていく。
【感想】
意志をもつスタンド「チープ・トリック」のアイデアに感服。本体にスタンド使いである自覚を与えない戦略は、まるで宿主を乗り換えていく寄生虫のようでもあり。本体に声をかけつづけるのみというシンプルな能力のいやらしさ。エニグマと併せての卑劣な心理攻撃にストレスがたまる展開。
だからこそ、仗助と康一を見捨てなかった噴上の大活躍が爽快だった。ハイウェイ・スターのパワーのなさを補うスピードに、自ら紙となって仗助と康一を救ってみせた機転と度胸。取り巻き三人娘への気づかいが川尻へのカウンターになっている構図も見逃せない。
★★★☆