flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ViVid Strike! #10「雨」

脚本:都築真紀 絵コンテ:のりみそのみ、西村純二 演出:のりみそのみ 作画監督:飯嶋友里恵、平田賢一、河本美代子、土屋雄太、のりみそのみ、森本由布希、飯塚葉子、木下由美子、鞠野黄英、宇津木勇、坂田理、金子俊太朗

【概要】
フーカとリンネは、互いに譲れないものを抱えながら、野外試合場で激闘を繰り広げる。
【感想】
フーカの説教が正論であればあるほど、内向性によって自身を追い詰めてしまったリンネに肩入れしたくなってしまう。信じられるものは自分しかいないとのストイシズムによって支えられてきたリンネから放たれる「わたしは、世界中で誰よりわたしが嫌いなの」。ボロボロになっても立ち上がるその姿は、出口の見えない自身へのいら立ちをぶつけているかのよう。だからこそ、孤児院時代にリンネの笑顔から元気をもらったフーカの拳がズシリと突き刺さる。
類まれな筋力をもつリンネに対する、こちらも類まれな拳をもつフーカ。そこに2人の数奇な運命を感じてしまう。フーカの強さを努力と根性のみに頼らなかったバランス感覚に拍手を送りたい。サブタイトルにもなった涙雨はもちろんのこと、クロスカウンターにおける瞳のハイライトを使ったダメージの表現など、メリハリのある作画演出が下支え。
★★★☆