flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

私がモテてどうすんだ 第8話「俺はアドバンテージ・マイナス」

脚本:横手美智子 絵コンテ:西森章 演出:荻原露光 作画監督:高野ゆかり、高橋道子、高野やよい、久松沙紀

【概要】
聖地巡礼旅行の後、花依との距離を縮めた周囲に対して、出遅れている自身に気づいた七島。そんな時、『甲冑乱舞』への資金繰りのためにウサミーランドでアルバイトをすることになった花依に、七島たちも便乗することに。そして花依とともに『プリプリムーン』ショーに出演することになった七島は、自分にも運が向いてきたと浮かれるのだが……。
【感想】
七島の妹思いが花依との仲に発展する温かさがよい。浮かれるあまり風邪をひいてしまい勇み足をやらかしてしまった七島の不器用さもかわいらしい。五十嵐いわく「格好悪い」七島への花依の印象「格好良かったなぁ」が、普段みせる彼女のセンスもあいまって爽やかな後味。
★★★