flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ガーリッシュナンバー #08「ねぼすけ千歳と湯煙旅情」

脚本:菅原雪絵さがら総 絵コンテ:井畑翔太 演出:飛田剛 作画監督:木野下澄江、石川雅一、加藤弘将、徳永さやか、小川茜、大村将司、上野卓司、是本晶、陣内美帆、石田啓一、YuMinZi

【概要】
特典映像の水着出演をめぐって万葉の父親に直接謝罪をすることにした九頭Pたち。渦中の万葉そして百花も同行する。万葉の実家である山形の旅館に着き、さっそく両親に釈明をしたスタッフは父親の許しを得たかに思われたが……。
【感想】
役者としてストイックであろうとし続ける万葉その人が、両親とのすれ違いをもたらしていることがよく分かる。マネージャーが「(声優は)水もの」と言ったことは、おそらく旅館経営を始めとするたいていの仕事に当てはまるだろうと。万葉の両親が送ったエールのとおり。声優としての自身に誇りを持てない娘こそを案じていた両親に、環境も世代もまったく違う百花が気づきを得ていく流れ。万葉の親子関係を育んだひなびた温泉街の情緒が効果的。すくそばにあったありがたみに気づかないという。
★★★