flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? 第9 話「たとえ未来が見えなくても -moonlit sorcery-」

脚本:永井真吾 絵コンテ:佐藤英一、三浦和也 演出:佐藤英一 作画監督:大久保義之、坂本俊太、式地幸喜、陣内美帆、出野喜則

【概要】

ヴィレムの補佐として地上任務に同行することになったクトリ。残された妖精倉庫での時間を後輩たちのために使うのだった。

【感想】

冗舌なアイセアと寡黙なネフレン、対照的な二人によるクトリへのエールが染みてくる。欠けていく記憶に向き合いながら現在を大切にするクトリ、自分のためにヴィレムが動いてくれることを知るからこそ、ともに同じ時間を過ごしたいと願う。自身の記憶がなくなっても大切な人の記憶になってくれればいいと。ヴィレムに寄り添うようなクトリの軍服姿にそんな決意がにじんでくる。

★★★