flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Re:CREATORS #10「動くな、死ね、甦れ! “We know exactly how you think and how you’re fighting!”」

脚本:広江礼威木澤行人(ライトワークス)、あおきえい 絵コンテ:加藤誠、あおきえい 演出:加藤誠 作画監督:松本昌子

【概要】

アリステリアからメテオラを守ろうとする弥勒寺だったが、介入してきた真鍳と対峙することに。真鍳の思惑通りアリステリアの攻撃に圧倒されるメテオラ。颯太から菊地原への連絡によって駆けつけたセレジアがアリステリアの前に立ちはだかるが……。

【感想】

二度までも真鍳の話術に乗ってしまう弥勒寺にストレスがたまるが、板額の「呪い」の意味するところによっては、嘘の嘘が嘘になる展開を期待できるかもしれない。それはそうと、創作物の「嘘」を真実にできる送り手と受け手のパッションがシリーズの根幹であるならば、アリステリアに対する颯太のメッセージも、セレジアに対する松原のメッセージも、ファンによる共感の連鎖も、偽りのないものであるはず。そう考えると、あらゆる「嘘」をスケープゴートにせざるを得なかったアリステリアの行きつく先が創造主から与えられた「騎士」たる精神論というのも因果めいている。さらには、自ら創造主の影響を断ち切った真鍳の末路が気になってくる。

★★★☆